田端駅前クリニック院長のブログ

Category Archives: 心筋梗塞

間違いだらけの透析医療 恐ろしい「糖尿病」の真実とは?

恐ろしい「糖尿病」の真実とは?

 

近ごろ、頻繁に耳にする「糖尿病」という病気をご存知ですか?

ご存知ですよね。

 

iStock_000067390361_Small

 

(すいません、決して馬鹿にするつもりはありません)

一般的に耳にしますが、実はその割に正

確に知っている人は少ないかもしれません?

あなたも無関係ではない「糖尿病」について、

少しだけ知っていただきたいと思います。

例えば、ただ「尿から糖が出る病気」だと思っている方も

少なくないのではないでしょうか。

Inscription sugar made into pile of white granulated sugar
Inscription sugar made into pile of white granulated sugar

 

 

確かに間違いではありません。

しかし、残念ながら、

実際はそんな単純なものではありません。

 

糖尿病と診断されても、

あまり自覚症状がありませんので、

そのまま放置しているケースが非常に多いのが現状です。

放置し治療をしないで、

そのままにておくと重大な合併症を引き起こすことに

なってしまいます。

こんな統計があります。

厚生労働省の「2014年患者調査」によると、

糖尿病の患者数は316万人となり、

過去最高となりました。

 

糖尿病は50歳を超えると増えはじめ、

70歳以上では男性の4人に1人、

女性の6人に1人が糖尿病をもっています。

何と男性の25%、女性の17%にも達します。

糖尿病が強く疑われる人を含めると

その数はさらに増えることになります。

さて、ここで少し専門的にお話ししますね。

糖尿病で血糖が高い状態が続くと、

血液中の糖が悪さをします。

何と血液中の糖は恐ろしいことに、

血管を傷つけ血管に負担をかけます。

すると、まず血管の中でも特に細い毛細血管が

ダメージをうけます。

そしてその結果、臓器や細胞を傷つけることになります。

これが糖尿病の3大合併症といわれる

「腎症」「神経障害」「網膜症」です。

Young male holding his back in pain. On a white background
Young male holding his back in pain. On a white background

つまり、臓器でいえば腎臓、神経、目です。

Beautiful woman eye with long eyelashes. asian model
Beautiful woman eye with long eyelashes. asian model

そして、次に影響を与えるのが太い血管です。

糖尿病は動脈硬化を進展させ

心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる病気を引き起こします。

いや、実は結構怖い病気ですね。

iStock_000023106720_Small

 

糖尿病にかかりやすい人、かかりにくい人

 

糖尿病というと、その昔は贅沢病と言われてきました。

過食による肥満が原因だとか、

運動不足で生活習慣が乱れていることが原因だ

などと言われてきましたし、

あなたもそんなイメージを

もっているのではないでしょうか。

しかし、実際は必ずしもそればかりではありません。

確かに日頃のあまり良くない生活習慣を積み重ね、

肥満になった結果であるということも言えますが、

そういった人達ばかりが糖尿病になるわけではありません。

生活習慣だけではない、糖尿病の真実

 

実はやせ型でも糖尿病になる人は大勢います。

血液中の糖は膵臓から出るインスリンという

ホルモンに関係しています。

日本人はそもそも欧米人に比べてインスリン分泌能が

低い傾向にあります。

インスリン分泌が不十分なことで、

血糖値が下がらずやせ型でも糖尿病になってしまうのです。

 

 

iStock_000016538900_Small

これは欧米人の肥満によるインスリン抵抗性とは対照的です。

日本人の糖尿病は後天的要因である生活習慣の要素も

大きいですが、

遺伝素因や人種などの先天的要因も糖尿病の発症、

進展に強く関与しております。

 

糖尿病と腎臓の関係とは

 

糖尿病腎症は糖尿病にかかってから

10~20年経過して発症するといわれています。

早期には微量アルブミン尿が、その後蛋白尿が出現します。

糖尿病が徐々に腎機能を低下させます。

そして、腎臓が全く働かない状態、

つまり最終的に腎不全に至ってしまいます。

現在、血液透析を始める患者さんの原因疾患で

もっとも頻度が高く約40%に到達しようとしております。

 

糖尿病は本当に怖い病気なのか?

 

あなたが糖尿病にかかっても初期では

ほとんど症状がありません。

せいぜいあっても喉が渇いて、尿が沢山出るくらいです。

だから、知らず知らずのうちに進行してしまうのです。

ここが糖尿病の恐ろしいところです。

繰り返しますが、糖尿病は、自覚症状がありません。

そして、気づかないうちに進行しています。

このように、糖尿病は知らない間に全身をむしばむ病気

「サイレントキラー」といわれています。

 

Paper bag with the word diabetes filled with healthy foods
Paper bag with the word diabetes filled with healthy foods

しかし、心配する必要はありません。

裏を返せば糖尿病は完治することはありませんが、

うまく付き合っていけば、

それ自身で命が奪われるということはありません。

どうです。少し安心したでしょう。

つまり、先ずは血糖コントロールをしっかり行うことです。

そして、合併症の管理ができていれば、

糖尿病も過度に恐れる必要はないのです。

糖尿病について、

更に詳しくお知りになりたい方は

こちらを参考にしてください。

糖尿病チャンネル:糖尿病の基礎知識から透析まで

http://tonyo-ch.com