田端駅前クリニックスタッフのブログ

Category Archives: 夜間透析

真夏の夜の虫たちの饗宴

東京湾花火大会の夜

ダウンロード

8/8(土)は、ここ数週間では珍しく、朝からお天と様が雲に隠れ、蒸し暑さはあまり変わらないものの、ジリジリと焼けるような暑さは和らいだ。
新橋界隈では、夕刻浴衣姿の若い女性をちらほらみかけたが、その日は東京湾花火大会があったようだ。年をとると、夏は苦痛であるが、若者には開放的な夏が必要なのだろう。
ま、夏がないと、アルプス登山もかなわないとすれば夏もいたしかたないということか。
もっとも、35℃以上が常態になるような酷暑は勘弁してほしい。

田端に虫の音が響いた

田端でもここ数日間にくらべ(この間の不快指数があまりに高すぎたというべきだろうが)しのぎやすく感じられた。
夜が更けると、虫の声が聞こえるではないか。
季節的には立秋で、さすがに昔の人は偉いものである。

ダウンロード (1)

このまま、秋らしくなってほしいものであるが、おそらくはそうは問屋はおろしてくれないであろう。

恋の季節の到来か

しかし、やや気温が下がったその一瞬の間に、虫たちが我が秋を謳歌するという、この用意周到さはどうだろうか

秋に鳴く虫たちの一生を見てみると、(小学生の頃の理科の課題研究のようだが)
夏の終わりから秋にかけて繁殖、産卵をする。
厳しい冬の間は、土中や木の中で卵で過ごし、春から夏になると羽化し成虫となって活動する。

鳴き声は秋の産卵に向けてのオスの縄張り示威とメスへの求愛行動のようである。早い者勝ちというのもあるだろうから、やや涼しく感じられる一瞬の隙も逃さず泣いているのかもしれない。

人の社会もよく似たようなもので、盆踊りとか夏祭りは、忙しい収穫の前の農村社会における「無礼講」のようなもので、若者にとっては、大切な恋の季節ということになる。

人の世界は、恋の季節などとオブラートに包んだ麗しい呼び方をしているが、生き物にとっては、厳しい(遺伝子の)生存競争である。

ダウンロード (3)

*なんていう虫か知りませんが・・なんかかわいい

それは厳しい生存戦略だ

企業の事業戦略では、機先を制し、いち早く世の中に新しいサービスや物を提供することが、常に勝つために重要であるとは限らない。
まだ元気のあった頃のソニーは、現在アップルがi-podで作り上げたようなネットによる音楽配信モデルを、アップルに先駆けてウオークマンを使って可能にしていたし、アイボという犬型ロボットをいち早く社会に投入したりした。常に一歩先の技術開発を行い注目を集めていた。

ダウンロード (2)

しかし、時期尚早であったのか、事業戦略がうまくなかったのか、いずれの事業も大きな成功を収めることができなかった(アイボの事業は売却されている)

患者さんが、自らふさわしい医療機関を選択できるようにーOasisの願い

当院でも、透析患者さんが自らのライフスタイルにあわせて、もっとも望ましいと思われる透析施設やサービスを自分で選択できるよう、早くからインターネットを通じてオープンな情報提供をおこなってきたが、その効果が現れるまでには一定の期間を必要とした。

さて、早鳴きのコオロギたちは、首尾よく子孫を残すことに成功するのであろうか?

はて、早鳴きのコオロギたちは、その早鳴き戦略によって子孫を残すことに成功した物たちの子孫なのかもしれない。

しかし、それもいつも成功するとは限らない(かもしれない)

早鳴き行動は、遺伝特性として彼らの遺伝子に刻まれているのであろうか?

秋よ来い!

昼間は相変わらず蝉の声、夜は虫の声と、ここしばらくは一日中賑やかな日々が続くのであろう。

何れにしても、早く虫の音がふさわしい季節になってほしいものだ。

images

世界は夜つくられる

今日は、丹沢登山で、ホウホウの程となったお話しである。

丹沢山系へ

5月10日午前4:00 不思議とスカッと目が覚めた。天気も上々、さすが関東、この時間でもう外は明るい。

5時前に山手線に乗って、小田急で丹沢山系の麓、新松田駅へ。リュックを背負った登山客が一斉に下車し、駅の階段を上っていく。駅前の狭いロータリーにはすでに行列が。

2台の路線バスに登山客が詰め込まれる。バス会社のかかり員も慣れたもので手際がよい。

ここからバスにのって登山口まで1時間以上の行程である。やれやれ

一抹の不安・・

5月になって日が長くなってきたので、丹沢主脈走破に挑戦である。1月末に奥多摩・雲取山に登って以来なので、足腰が心もとなく、一抹の不安はあるが・・

バスは夜8時台まであるし、ヘッドランプも装備しているのでなんとかなるか

ということで、9:00より檜洞丸へ登り始める。空気は澄んでいて登山日和だ。ゴーゴーという沢の音、鳥のさえずり、気分は上々である。ゆっくり自然を満喫しながらといきたいところだが、標準コースタイム11時間なので、普通に歩いても日没である。うかうかしておれず、ペースを上げて歩く。

絶景富士山

登り始めて約2時間、富士山が良く見える。

20150510_101240

いつも比較的好天(予報では晴れ)の日を選んで登山をしているが、奥多摩や丹沢から富士山が望めるチャンスはそれでも少ない。ラッキー

檜洞丸山頂で30分ほど休憩をし、これから縦走である。せっかく稼いだ高度であるが、一気に尾根を下っていく。

これから先を目指す人はごくわずかのようだ。

20150510_114844

丹沢最高峰蛭が岳

アップダウンを繰り返し(約3時間の行程)、丹沢山系最高峰の蛭が岳頂上へは、400mの急な登りが待っている。

丹沢山系最高峰で山頂での眺望も素晴らしいというのになんという不名誉な名前でしょう。

確かに丹沢には蛭が多いらしく、夏になると登山口には蛭対策の塩が置いていあるし、実際蛭につかれたこともある。

丹沢山より百名山にふさわしいと思うのだが・・。名前が悪いのではないか

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

*3月 蛭が岳山頂から富士山を望む

ところがである。すでに檜洞丸を下る段階で、膝の裏の筋肉が釣りだした。これはまずい。登りは問題ないのだが、時間を稼ぐべき下りに時間がかかってしまう。引き返すにも追う遅い、ここまでくれば前に進むしか手はなさそうだ。

蛭が岳、丹沢山を経て、塔の岳にたどり着いたのは、すでに午後5時をまわっている。夕暮れの相模湾を一望する景色はすばらしい。三浦半島もよく見える。

が、これからが大変、足を引きづり約1200mの高度差の大倉尾根をひたすら降りなければならない。

世界は夜つくられる

塔の岳にはまだ若者2人ずれがいたが、さすがにヤングマンである、スタスタと下っていった。標準タイムは2時間半、おちおちしていられない。下手をすると終バスに間に合わない。(もっともタクシーを呼んでも、小田急渋沢までは大した距離ではないが)

仕方がない、こちらは2本のストックを松葉杖のように使いながら、そろりそろりと下っていく。

下りが厳しい。

下山半ばで日もとっぷり暮れてしまい、視界不良。ヘッドランプの登場である。

大倉尾根は道が良く整備されて、何回か通っているので道に迷うことはないが・・・

夜の山中は、全く違う景色である。(というか真っ暗である)

鳥のさえずりは鳴りを潜め、時々フクロウの声が聞こえる。

森のあちこちで命をかけた狩りが繰り広げられているのであろう。

良く見るとヘッドランプの明かりにてらされて、まるで霧雨のように空中を無数の白いものが舞っている。

木々の種や花粉が、種の繁栄のため次なる生き場所をさがして舞っているのだろうか。

昼間にはわからなかったが、山の中の木々の生命活動もにぎやかなものである。

人にはよく見えるはずの昼間には見えないものが見えて来る。

世界(森)は夜つくられる。(もちろん昼間も種は舞っているのであろうが・・)

やれやれ・・

足を引き擦りながらホウホウの程で、大倉バス停にたどり着く。

時計を見ると20:00である。

それでも最終バスにはまにあった。やれやれ

当然だれもいない。

1600mの山頂付近ならわかるが、5月というのに下山をしても風が強く、やけに寒い。

ヒートテックのシャツに着替え、レインウェアを身につけ暖をとる。

バス停のベンチに仰向けに寝転がって空を見上げると一面の星空である。

だから登山は止められない。

大地に身を任せ、みあげる空、清明な森の空気、頂上に登り着いた時の眺めと達成感もよいが、なんといっても下山した時の、やれやれという安堵感と、めちゃうまいビールには何物にも代えがたい快感がある。

ビール乾杯

ネットで膝裏の痛みについて調べると、それは筋力・脚力不足のせいで

足の筋肉を鍛えるか、コースを改めるかすべしとのこと

やれやれ

ということで、本日のキーワードは、世界は夜つくられる

夜間透析は重要ということで・・

世界は一冊の本

世界を支配する虫たち

緑輝く新緑の季節
虫たちが世界を支配する季節
そう、虫たちが湧いてくるのだ

人は「虫けら」というけれど
人はこの虫たちがいなければ生きていけない

少なくとも、みずみずしい果実を口にすることはできない

この世界を支配しているのは人ではなく
微生物と虫たちなのだ

いや、世界には支配者がいないのだ

「たちどまる」

立ちどまる
足をとめると
聴こえてくる声がある。
空の色のような声がある。

「木のことば、水のことば。
雲のことばが聴こえますか?
「石のことば、雨のことば、
草のことばを話せますか?

立ちどまらなければ
ゆけない場所がある。

何もないところにしか
見つけられないものがある。

そして空白のページ

長田 弘 「世界は一冊の本」より

空白のページ

「そして空白のページは」もちろん詩の一片ではない。
本の一ページをめくった時に現れた空白のページである。

ジョン・ケージが明らかにした沈黙の音のように
毎日の眠りのように
大切な空白のページ

空白を楽しんだ画家

ダウンロード

空白を埋めつくそうとする画家

ダウンロード (1)

そして 空白と対峙した画家

ダウンロード (2)

空白には色彩さえない。

世界は一冊の本

七色に輝く虹のように美しい蝶のはね
彼らはその色を所有しない。

太陽の光を反射しているだけなのだ

富も成功も貧困も
幸福も不幸も
人は所有することはできない

感じることができるだけだ

その一瞬に

そう
世界は一冊の本

また めくる空白のページ

しかし、残念ながらブログには空白のページがない

それはあなたの世界にゆだねることにしよう

透析医療は誰のためにあるのか?

 

たまには、真面目な話を一席。

 

最近患者さんのライフスタイルに合わせて、様々な透析の方法がいくつかのクリニックで導入されています。

 

例えば、田端駅前クリニックは、東京の山手線内でもっとも夜遅くまで夜間透析を行っている透析施設です。

 

夜間透析をうたっている施設は徐々に増えてきましたが、先鞭をつけたのは田端駅前クリニックだと自負しています。

 

透析施設の検索サイト、透析患者.comでは夜間透析専門の透析施設検索が出来ますから確認してみてください。

http://www.tosekikanjya.com/

 

夜間透析に加え、在宅血液透析や深夜寝ている間に透析を行う、オーバーナイト透析等も、未だに件数は少ないですが、増加してきています。

 

田端駅前クリニックが夜間透析を始めようとした理由は、

当時夜間の透析をしてくれる透析医療機関がなく、

そのために、仕事を持っている患者さんは、

透析開始とともに、

仕事をやめたり、

あるいは透析日には仕事を休んだり、

早退したり、

といった患者さんにとっては不便且つ不利益な事態を解消しよう

と考えたからです。

 

患者さん中心の医療とは何か?

 

透析医療機関側の当時の考え方は、

夜間に透析を行うと、

スタッフの給与の夜間割増をしなければならず、

利益を圧迫するという理由や、

職員が集まらない、

単純に医師が大変だからといった、

医療機関側の都合に依るところが多かったと記憶しています。

しかし、

近年患者さんのライフスタイルに合わせようとする透析クリニックが増え、ラ

イフスタイルに合った透析が可能になってきたというのは

非常に良いことだと思います。

先日、病院でもオーバーナイト透析の取り組みが始まったと ニュースにもなっていました。

http://prw.kyodonews.jp/prs/release/201410014237/

これまで医療機関は、患者さんを一つの集団とみなし、

取り扱ってきましたが、

患者さん個人個人に合わせた透析をすることが出来る時代の到来

です。

 

このような環境はとても素晴らしいと思います。

 

東京の奥座敷はなぜ凋落したのか?

 

その昔、日本が高度成長時代の頃、我が国の多くの企業は「イケイケドンドン」で成長に次ぐ成長という時代を迎えていました。

 

この時代は、慰安旅行といえば東京で言えば奥座敷と言われた、熱海でした。

 

iStock_000011237394Medium 

 

熱海のホテルは、会社の宴会を受け入れるために、

大規模で大きな宴会場を備え、企業の需要に応えました。

 

ところが時代が変わりました。

 

日本は不景気を迎え、東京の奥座敷といわれた、

熱海のホテルは企業の宴会や会議の需要が激減し、

多くが赤字に陥りました。中には売りに出しり、倒産したホテル

もあります。

しかし、その一方で

個人の旅行客のニーズは、

大規模宴会場を備えた観光ホテルではなく、

小さくても個性的な旅館やホテル、個人にとって融通がきく、

ホスピタリティの高い旅館・ホテルが人気となりました。

 

旧態依然とした、東京の奥座敷の熱海の観光ホテルは、凋落の一途をたどりました。

 

サービスの原点を忘れないよう戒める

 

この例を少し客観的に眺めると、このようなことではないでしょうか?

これまでは、

お客さんを集団として扱ってきた→企業ニーズが激減

→時代とともに、

お客さん一人一人に対応する事が求められるようになってきた。

 

考えるな!巨人の教えを受け入れてみる。

 

経営学の巨人である、P.ドラッカーはその著書の中で、

「組織はニーズからスタートしなければならない」

とニーズの存在を何度も説いています。

 

先ほどの例で言えば、ニーズが変化してきているのに、

ホテルや旅館はそれに対応することができなかったというケース

でしょう。

 

私たちは巨人の教えを信じて透析医療機関として、患者さんのニ

ーズに対応することを第一義としています。

 

例えば、田端駅前クリニックでは夜間透析に加えて、

ビジネスマンの方が東京に来るときのために積極的に臨時透析を

打ち出しています。

 

また、東京駅から近い透析クリニックという場所柄、

透析患者さんが東京や関東圏に旅行するときの臨時透析も積極的

に受け入れています。

HiRes

 

その結果ですが、臨時透析の患者さんが飛躍的に増加してきています。

 

そのエリアは何と、北は北海道から沖縄まで。この広さに改めて驚きました。

 

ニーズに対応するということは、こういうことなのだと改めて思いました。

 

私たちのクリニックがどこまでお客さんのニーズに対応できるか判りません。

 

私たちは万能ではありませんし、私たちは卓越しているわけでもありません。

 

しかし、私たちが他の透析クリニックと違うのは

皆が情熱を持っていることでしょう。

 

私たちは、チャレンジすることによってのみ、存在意義を示すことができると考えています。