田端駅前クリニックスタッフのブログ

MISS THE LAST TRAIN AND GET SOMETHING

旅行透析と「透析患者.COM」

当院では透析患者さんが、出張や旅行でご利用いただけるよう臨時透析に力を入れている。
臨時透析をネガティブに考える施設も多いようだが、「患者さんにアクティブな生活を送っていただきたい」という思いとポリシーに基づいて運営している。
同じように、臨時透析患者さんを受け入れている全国の透析施設は、「透析患者ドット・コム」から検索可能である。www.tosekikanjya.com/

新潟県に足を踏み入れる

振り返ってみると、仕事やレジャー、野暮用などでいろんなところへ行っている。全国の都道府県のうちまだ足を踏み入れたことがないのは(バスや列車での通過もありとして・・)、沖縄県、新潟県、秋田県、青森県、茨城県であったが、先日、幸か不幸か止むを得ず新潟県に足を踏み入れることになってしまったのである。

夏の谷川岳

先週末は、都内にいても灼熱地獄で早朝から谷川岳に退避した。2千メートルの頂上付近は、ガスで覆われていてさすがに涼しい。
谷川岳連邦の最高部の峰々はちょうど群馬県と新潟県の県境を形成している。
JR土合駅に降りて登山口まで約30分の道のりを歩く。
標高800mあたりはさすがに暑く、夏の日差しが照りつけ厳しいスタートとなった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これほんまに登れるのかいな

さすがに真夏の中程度の高度の登山は厳しく、体力を消耗し、コースタイムを大幅にオーバーしてしまった。
上り列車が18時台にもあることは確認していたが、昨年6月の下山時刻が16:00だったので、さすがに18時までには降りてこれるだろうという楽観と、まさかこれが最終とは思わない甘さから悠然と構えていた。なんといっても上越線である。

頂上から少し下るとガスもなく、眺望もよく、涼しい風にあたりながら「おーい雲よ!』とのんびりしていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天空のお花畑(横向きですが・・)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マチガ沢には、まだ大きな雪渓が残っており雪解け水がゴーゴーと流れている。
下山してマチガ沢で、冷たい雪解け水で体を洗い一息つく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

谷川岳の勇姿に別れを告げる。

MISS THE LAST TRAIN

と時計をみると18:00近い。

あわてて土合駅にむかう。

土合駅にたどり着いた時には、列車もすでにホームにいる。
駅舎までには、やたらと広い空き地があってとても間に合わない。

駅にたどり着いて時刻表をみると、上り最終 18:19となっている。
あとは下りが1本だけ、20:51とある。
やれやれである。

おーい雲よ、新潟県よ

まずは、自販機で飲み物を確保し喉を潤す。残念ながらビールはない。
スマホの電源を入れて、時刻表アプリを立ち上げ田端にたどり着けるか確認する。
最終の下りで越後湯沢まで行って、上越新幹線の最終東京行き「たにがわ』に乗れば、OKである。助かった。

というわけで、期せずして新潟県に足を踏み入れることになってしまったのだ。

さて、さっきから不思議に思っていたのだが、駅の待合室に1人の男がいる。列車が行ってしまったのに悠然と構えている様子なので、「おたくもさっきの列車に乗り遅れたのですか」と聞いてみると、今夜はこの駅に泊まって、明日早朝3時に出発し、谷川岳に登ってからピークハントし新潟県の苗場に降りるというツワモノである。

お互いにすることもないので、駅舎の玄関にある階段に腰をおろし、ぼんやりとくれゆく空を眺める。カジカの鳴き声と沢の音に癒されながら、山の話で盛り上がる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地中深くにある土合駅ホーム

そもそもこの土合駅は変なところである。
上りのホームは駅舎に連続して地上にあるが、下りのホームは、遠く離れた地下深くにある。スカイウェイで国道をまたぎ、そこから500段近い階段を下ったところだ。

エスカレータもエレベータもなく、途中に申し訳程度にベンチが置いてあるが、登山客以外は利用しない前提としか考えられない。
当然無人駅である。改札口には、「上りのホームは、480段の階段を降りたところにあります。ホームまで10分程度かかりますのでお早めにホームにお越しください」といった内容が掲示されている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新潟県に行ったは良いが、車窓から見えるけしきは真っ暗で味気ない。

機会があれば苗場山(新潟県越後湯沢)の頂上でゆっくりと日の出・日の入りを拝み、新潟県を満喫したいものである。

世界を翻弄するギリシャの悲劇と政治の喜劇

「ゆめてれ・ぽぽら」をヨロシク

透析患者さんは、週3回、計12時間以上を透析に費やしている。当院では、この時間を活用できることが患者さんにとって重要なことと考え、「ゆめてれ・ぽぽら」のサービスを無料で提供している。

TVやホテルなどで利用されているVOD(ビデオ・オン・デマンド)、インターネット検索、フェイスブックなどが利用できるタッチパネル式のテレビモニタで、地震を敏感に察知し、患者さんに冷静に対応するよう注意を促すシステムを兼ね備えている。
「ぽぽら」はより「ぽじてぃぶ」に、 より「ぽっぷ」に、 より「らくちん」に、という思いを込めて名付けられたが、イタリア語で「みんなの集まる広場」という意味もあるそうだ。

ダウンロード (3)

時代劇ライムライト

さて最近では水戸黄門が終わるなど、TV番組から時代劇が消えつつある。大河ドラマやNHKのシリーズが細々と放映されているくらいか・・、こういう状況を元に制作された映画に「太秦ライムライト」がある。主人公は、いつもはセリフもほとんどない斬られ役の殺陣師である。活躍の場がなくなっていく映画・TVの世界に生きる昔気質の芸人の悲哀を描いている。

ph12
この映画は、時代劇とは縁遠いハリウッドの映画学校で学んだ新進気鋭の若手日本人監督と、アメリカ人カメラマンが、時代劇の殿堂、太秦に乗り込んで撮影したものだ。

桜吹雪か 印籠か

この映画については、またの機会にするとして、時代劇によく登場するシーンを思い出して欲しい。
母一人子ひとりの貧乏な一家が貧乏長屋で暮らしている。母親の内職でなんとか暮らしていたが、病で伏せってしまった。そこへ、高利貸しが薬代のための借金の取り立てにやってくる。
この高利貸しは、ほかでも悪代官と結託してさらに暴利をむさぶっている。
最後は主人公が、この高利貸しを悪代官をカッコよくやっつける勧善懲悪劇である。

貧乏長屋のかわいそうな家族と時代劇のストーリーはあまり関係ないが、このシーンが高利貸しの悪人ぶりをより際立たせる。
そう、お金を借りて返さない方ではなく、貸した方が悪者なのだ。
こんなに困っていて、払いようがないのだから、金持ちの方が折れて大目に見てやれよというのが庶民感情だ。

同じように落語によく登場する場面を思い出してみよう。ノーテンキで怠け者、おまけに酒付きでお調子ものの店子が、すっとぼけて家賃を払わない。大家は何度も家賃を取り立てに来るのだが、ちっとも話がかみ合わない。ここでも大家は負けている。

ケチでも「貧乏長屋の花見」くらいのほうが愛嬌があってよい。

聴衆は貧乏な庶民の味方である。

ギリシャの丘に桜吹雪はにあわない

さて、ギリシャがユーロから離脱するかどうかを巡って、世界が(かどうかはわかりませんが、少なくとも日本では多くの特集や報道があった。)注目したギリシャの国民投票は、大方の予想に反して、緊縮財政を受け入れないというものだ。

ダウンロード

ギリシャ国民の意向は、ユーロは離脱したくないけれど、緊縮財政はまっぴらというもの。それはそうだけれど、それは都合が良すぎるだろう、と言いたいところ。

借金をしておいて、返さない。しかも自分たちの生活が悪くなるのはまっぴらで、やや怠け者に見える(あくまでも個人的な印象です。失礼)ギリシャ人はけしからんと思う人もいるのではないか?実は仙人もそのように思っていたのだが・・・

問題こそが商機の専門家たちの太刀周り

国民投票の前日には、TVの特集番組が組まれ、国際経済、ユーロ経済、ユーロの政治、ギリシャ現代史などの専門家が議論していた。いくら議論が白熱しても、結果は遠く離れたギリシャの国民に委ねられ、結果とはなんのかかわりもござんせんが
彼らの中に、単純にギリシャを避難するものはおらず、歴史的経緯や、それぞれの専門領域での現状分析を踏まえ、どうすればよいかという答えは見つからないにしろ、一定の借金棒引きをしてギリシャが立ち直れる道筋をさがすというのが大方の意見であった。

チプラス首相が、決定を国民投票に委ねたことに、日本では無責任政治と一部避難もあったが・・
直接民主主義発生の地、ギリシャでは当然のことで国民にとって違和感はあまりないという見解
安全保障関連法案を採決した日本の政治よりましか・・

images

一定の借金棒引きは仕方がない。
ない袖は振れないし、苦境に追い込むと何をしでかすかわからないし、そもそも借金のかたに国を占領することはできない。第一次世界大戦後の過大な債務負担がドイツにおいてヒットラーの台頭を許したという経験から、第2次世界大戦の戦後処理について、日独伊の3国に対しては比較的寛大な措置が取られたという歴史的事実もある。
本来ならもっと早い段階で一定の借金棒引きがあっても良かったが、リーマンショック後の混乱で、欧州中央銀行にもそのような余裕がなかったというのが大方の認識で、何れにしても、ギリシャが立ち直るのを支援するしかないということのようである。

ユーロ問題は日本の課題の鏡

日本国内なら、自己財源で賄えない自治体には地方交付税が交付されるが、そういうわけにもいかない。

東京都は地方交付税を支給されたことがなく、都民はもっと文句をいってもよいと思うが・・・

話題になっている国立競技場のような巨大な国家プロジェクトが都の経済を潤すことは間違いない。その他、原子力発電所の立地市町村も交付税を必要としない財政状況のようだ。

政治が絡むお金の流れは複雑だ。

ギリシャの国民投票から2週間がたち、ユーロ各国はギリシャへの追加支援を、ギリシャは一定の緊縮財政制作を受け入れるという常識的な妥協点におちついた。

政治家たちの喜劇と太刀周り

お互いに、庶民から嫌われる役回りを巧みに避け、妥協点にたどりついた、職業政治家たちの見事な太刀周りだったのか・・

ダウンロード (1)

さて、観光資源以外にこれといった資源も産業もないギリシャがこれからどう立ち直るかは困難を極めるが、ギリシャとは比べものにならない膨大な借金をかかえ、いまなお放漫な財政政策を続ける日本はどうなることやら・・

しかしギリシャは魅力的ですね

一度は行ってみたいものです。