田端駅前クリニックスタッフのブログ

”帰ってきた酔っ払い”も真っ青、恐るべし尾久銀座

帰ってきた酔っ払い

帰ってきた酔っ払いという、歌をご存知だろうか

半世紀も前に、日本レコード大賞に輝いた(と思うのだが・・)、フォーク・クルセダーズの曲である。

フォーク・クルセダーズは、加藤和彦、はしだのりひこ、北山修の3人によるフォークグループである。

と言っても、もはやフォークグループやフォークソングそのものが死語となっている。

本日のお話は、フーク・クルセダーズとも、「帰ってきた酔っ払い」という歌とも関係がない。ただの酔っ払いである田端仙人が、華やかな東京銀座から帰ってきて、尾久銀座をチャリンコでぶらついていてそのバイタリティに驚いたというお話である。

生物学の法則を地で行く尾久銀座

法則その1 群知能ー集団から生まれる知性

ある日、尾久銀座の空き店舗に出現した八百屋さん

新玉ねぎ、新じゃが、そらまめ・・旬の野菜が無造作に並べられている。共通項は、旬のものであること、恐らくは規格外の物であること、国産であること(輸入コストもかけられないとことか)、そして(安全性はわからないが)やすいということ。(上記の条件からすると当然か)

面白いことに、いつ出現したかはしらないし、仙人の知る限り土曜日限定のようであるが、仙人が確認して1ヶ月後には、人だかりになっていた。

皆さんは、或る日突然、家の中に一糸みだれぬアリの行列が出現しているのを見て、甘い物を放置してしまったことを後悔した経験をお持ちではないだろうか?

アリたちは、自分の巣から餌場まで最も効率的な経路をたどって行進しているらしい。

群れをなす生物は、前の物に従う、隣との距離を一定に保つという行動をとる。

魚群も同じで、特に目的地があるわけでもリーダーがいるわけでもない、らしい。

アリはさらに移動中にその痕跡を示すフェロモンを分泌する。

それは、自分が最短距離の道筋を知っていることを示すような物ではなく、単に痕跡を示すだけである。多くのアリが様々な経路を通ると、時間の経過ととも結果として、最短距離の経路にのこされたフェロモンの濃度が最も高くなり、最短の経路が明らかになる、ということらしい。

もちろん、人も同じである。流行のファッションのよさなどには何の根拠もなく、ただこの性質を利用して売りまくっているだけである。尾久の人たちも忠実にこの法則に従っているのであろう。

しかし、多くの場合は、生存のために有効な原理のようであり、生物学的には群知能と言われている。

ニッカウイスキー「竹鶴」の値上げ報道から、ウイスキーを買うときは自然と「竹鶴」に手が出てしまう仙人行動も同じか。

法則その2 合理的な縄張り行動

尾久銀座にはアーケードはない。

地方の銀座もどきにはアーケード街が多い(調査をしたわけではない勝手な推論だが)ようだが、本家本元の東京銀座にはアーケードなんてない。

さすが尾久銀座である。

雨の降らない日は(雨の日に通過したことがないが)、どの店も、公道に大きく張り出して商品を並べ商売をしている。

たくましいのだ(このたくましさは東京銀座にはない)。

道路交通法違反などと訴える人もいないし、訴えられても警察も困るだろう。

魚屋と八百屋が隣り合っていて、いつもはそこも比較的賑わっている。今日は魚屋がお休みらしく、また上述の店に客をとられたか、人だかりはほとんどなさそうだ。

ところがである。

今日は魚屋の前も、八百屋に変身しているではないか。しかも、全面的にではなく、占拠といわれない程度の按配のよさである。公道であるから誰にも所有権はなく、文句のつけようもないはずだが・・

しかし、やっぱり、自分の門前は自分のものという縄張り意識はあるのだろう。

それでも、恐らくは魚屋は八百屋に文句を言ったりしないのだろう。今度八百屋が休業のとき、魚屋の店先がどのように広がっているかが楽しみだ。

そう、お互いに利用しあったほうがハッピーなのである。

鮎は石についたコケなどを餌とし、比較的広い縄張りを持っているが、個体数が多くなると、縄張り行動(侵入者への威嚇)をしなくなるのだそうだ。

侵入者が多くなると、威嚇行動に追われ、餌をとるひまがなくなってしまうというのがその理由(単なる理由付けであるが)らしい。

いやはや、たくましくも合理的な尾久銀座でありました。

法則その3 尾久銀座の活力

高齢者の多いこの地域であるが、なんと、若者が経営する、若者向けの衣料・雑貨やさんが新しく開店したようだ。

よく見ると、この界隈は、若いアジア人や、子供連れの家族も多いのである。

しかも、子供づれの家族に一人っ子はほとんどいない。若いお母さんは、下の子を抱きかかえ、2番目の手を引いいて、走り回る上の子を怒鳴り散らしている。これが標準の家族の姿である。

世界経済を牽引する新興国のように、この地は活力を取り戻すのであろうか

楽しみである。

今日もまた、透析医療や患者さんのためのホスピタリティーには関係のないことをつぶやいてしまった。

またそのうちに、乞うご期待!

世界は一冊の本

世界を支配する虫たち

緑輝く新緑の季節
虫たちが世界を支配する季節
そう、虫たちが湧いてくるのだ

人は「虫けら」というけれど
人はこの虫たちがいなければ生きていけない

少なくとも、みずみずしい果実を口にすることはできない

この世界を支配しているのは人ではなく
微生物と虫たちなのだ

いや、世界には支配者がいないのだ

「たちどまる」

立ちどまる
足をとめると
聴こえてくる声がある。
空の色のような声がある。

「木のことば、水のことば。
雲のことばが聴こえますか?
「石のことば、雨のことば、
草のことばを話せますか?

立ちどまらなければ
ゆけない場所がある。

何もないところにしか
見つけられないものがある。

そして空白のページ

長田 弘 「世界は一冊の本」より

空白のページ

「そして空白のページは」もちろん詩の一片ではない。
本の一ページをめくった時に現れた空白のページである。

ジョン・ケージが明らかにした沈黙の音のように
毎日の眠りのように
大切な空白のページ

空白を楽しんだ画家

ダウンロード

空白を埋めつくそうとする画家

ダウンロード (1)

そして 空白と対峙した画家

ダウンロード (2)

空白には色彩さえない。

世界は一冊の本

七色に輝く虹のように美しい蝶のはね
彼らはその色を所有しない。

太陽の光を反射しているだけなのだ

富も成功も貧困も
幸福も不幸も
人は所有することはできない

感じることができるだけだ

その一瞬に

そう
世界は一冊の本

また めくる空白のページ

しかし、残念ながらブログには空白のページがない

それはあなたの世界にゆだねることにしよう

銀座で盆栽

GWのニュース

今年のGWは連日好天にめぐまれた。

ダウンロード

これは50年ぶりのことらしく、行楽地は連日人出で賑わったようだ。そのあおりをくらったのが百貨店、来客数は予想を大幅に下回ったとのニュースがあった。

また、人々を驚かせたのは、箱根山の火山活動が活発になり、あたりが立ち入り禁止になったことだ。昨年の御嶽山の噴火に続いてのニュースである。いきなり噴火せずに良かった。

E7AEB1E6A0B9E5B1B1

「東京新橋透析クリニック」がオープン

GWの5月1日に、人気もまばらになったビジネスマンの街新橋に密かにオープンしたのが「東京新橋透析クリニック」である。

明治から続く老舗の牛鍋屋「今朝」、そのビルの7階にある。

ホテルオークラ風の落ち着いた待合スペース

柔らかな間接照明に包まれた透析室

ここで白神山地の鳥や虫の音などの環境音に包まれていると、日常の喧騒を忘れ、ついうとうとしてしまう。

オット、東京新橋透析クリニックについては、ホームページにお任せするとしよう。

http://www.toseki.tokyo/

仙人は再び銀座へ

さて、のんびりとした気配の休日の新橋と比べ、隣の銀座は、連日歩行者天国で大いに賑わっている。特に、中国からの観光客が大型バスを連ねて大挙してやってきている。

ダウンロード2

しかし、銀座も通りをひとつ中に入ると、昼間はひっそりとしている。

その銀座の片隅に不思議な空間を演出している店がある。

銀座に盆栽?

覗いてみるとなんと盆栽屋ではないか。

銀座はまだ、呉服屋さんが普通に営業をしている街であり、さすがと思ったものだが、盆栽屋とはさらなる驚きである。この盆栽屋「雨竹庵」というらしい。

「MATSUYA GINZA の銀座まちがたり」http://www.matsuya.com/m_ginza/about/ginza/

によると、雨竹庵は、先祖代々ここで盆栽屋を営んでいた老舗ではなく、一代でここに「雨竹庵」を構えたとのこと。もっともオーナーは江戸時代から将軍家に仕えてきた由緒正しい造園業の家系であり、盆栽職人ではあったらしい。

銀座だから、高価な盆栽もよく売れるのだろうとは思うけれど、単に愛好家に販売するだけでなく、ここで盆栽をショーアップして、料亭や割烹などに季節や設えにあった盆栽をレンタルしているとのこと。

ネットによる販売もしている。(ま、これは普通か)

自然の中で運よく成長できると、100年もすると二抱えもある大木に育つものが、小な鉢の上で相似形のような形で生きている。

高山で森林限界を超えたあたりに育っているハイマツはいつも下から吹き上げてくる強風にさらされているため低くねじ曲がって、地を這うように成長している。

むしろ、成長しないことが生き残る条件のようにも思える。地中の養分も少なく幹も細い。樹齢について考えたことはないが、盆栽のようなものなのかもしれない。

dae2439770422e729257ad8ef161e6c4

*写真はさいたま市の盆栽美術館のページより転載

さて、実はこの仙人、盆栽のことはよく知らないし、わかっていないのである。

マンガ「サザエさん」で、磯野波平が、パチパチハサミを入れている・・ぐらいのもので、盆栽を語るとはおこがましいが、これを機会に、少しは仙人らしく盆栽に興味をもって、鉢の上の生き物と対話を始めてみますか。

院長ブログ始動!

透析時間について

 

こんにちは

院長の青木竜弥です。

 

透析医療に携わって10数年。

 

私なりに思っていることや感じていることを綴りたいと思います。

 

第1回は透析時間について。

 

2009年に日本透析医学会から出されたデータの中には、

透析時間と生命予後に関するものがあります。

標準的な4時間透析している患者さんを1とすると、

3.5時間の患者さんでは1.2倍、

3時間以下では2倍もリスクが高いことが示されています。

逆に5時間以上では0.7倍とリスクが低くなっています。

現在日本では4時間透析が一般的ですが、

5時間、6時間透析を実施している施設も増えてきております。

日本国内における透析患者の10年生存率は約36%で、

6時間以上の長時間透析を行っている施設の10年生存率は80%に

まで達するという報告もあります。

青木先生グラフ

 

 
この他、たとえば長期合併症である透析アミロイドーシスの原因

となるβ2-MGなど分子量の大きい物質の除去は、

透析時間が最大の規定因子で、時間をかけないと除去できませ

ん。

また、短時間透析では血管内老廃物の除去はできても、

組織間液や細胞内からの老廃物除去は十分ではありません。

組織間液や細胞内老廃物の除去には十分な時間をかけることが

大切です。

この他、短時間透析では急激な体液量および溶質濃度の変化によ

り、急激な血圧低下や下肢つれなどが出現するリスクが増加しま

す。

 

一方長時間透析では透析中の血圧低下や下肢つれ、疲労感が軽減

し、掻痒感や色素沈着などの悩みも解消します。

また、貧血の改善、血圧の安定、動脈硬化進行抑制、心不全予防

など沢山のメリットがあります。

十分な透析を行うことで、内服薬が減り、食事制限も緩やかにな

ることもポイントです。

 

このように長時間透析には様々な利点があります。

 

 

田端駅前クリニックでは長時間透析を推奨します。

 

5時間、6時間透析を御希望の方は御相談ください。