田端駅前クリニックスタッフのブログ

仙人の入院記(その1)「俺の空」

さすがに不安な入院

1回の外来受診で、すべての検査を終わらせ、診断をつけ、10日後の入院・手術日を決定するというスピード裁定となったが、仙人も修行が足りぬのか、往生際が悪いのか、いかんせんあの建屋である、入院となり数日間そこで過ごすとなると、そう簡単にあばたもえくぼとはいかないもので、一抹の不安が頭をもたげている。

しかし、月日は勝手に過ぎていき、瞬く間に入院当日となる。

潔く病院へ。

そういえば、退院予定日なども聞かされていない。

多くの病院では、入院前にクリニカルパスと言って、入院期間中、いつどのような治療やケアを実施し、特に突発的な問題が起きなかった場合の退院予定や治療に要する費用、自己負担額などの、疾患別の予定表を提示するようになっている。このクリニカルバスなるものの提示が、遅くとも入院時にあるかないかが病院のレベルの試金石の一つになる。

などなど・・考えながら、病院の受付に向かい、入院予定の旨伝える。

パス

狭くて古いがなんとなく憎めない、このレトロ感

ほとんど待つこともなく、がっちりとした体育会系風(失礼女性である)の看護師さんがやってきて、病棟へ案内してくれる。ノートpcなどをいれた重い私のリュックをさっと取り上げ、先に進む。「重いので持ちますよ」と声をかけるが、頓着せずどんどん前に進む。

エレベータで2階の病室に案内される。担当看護師がくるまで、お待ちくださいとのこと。

所在無くベッドに腰掛け、部屋の様子を眺める。

まずベッドの数を数えてみる。6人部屋であるが、部屋の形が少々変形で、5人が足を窓に向けて並び、一人のベッドは窓際で横付けされている。以前、サイクルリング中に転倒・骨折し、救急搬送され手術を受けた病院の病室が、10人部屋であったので(これには流石の仙人も驚き参った)それに比べれば、なんとかなりそうである。

病室

*当該病院の病室ではありません。

ボーツとしていると、意識をしなくても部屋の中の様々な情報が目に止まる。かべのひび割れ、天井の一部に開いた穴、雨漏りの痕跡か黒いシミがある。

部屋には大きな出窓があり、窓枠は鉄製の格子cp0054である。レトロ感があって、先ほどの黒いシミとどことなくマッチし、不思議なもので許せる気持ちになってくる(諦念かもしれないが)。

そういえば、フランスのパリでは、ナポレオンの時代(それくらい古い)の建物が、外観はそのままで病院として利用されている。

今日は冬型の気圧配置で、外の風は冷たいが空は良く晴れている。格子状の窓枠に切り取られた空が、開放感があってとてもよい。

sora1

美人看護師にニンマリ

そこへ、息を弾ませ急ぎ足で担当看護師がやってきた。挨拶、自己紹介をする。やや息を弾ませているが、テキパキとした感じで、安心感がある。

中々の美人である。思わず頬が緩む。(ニンマリ)

猫仙人

一連の入院説明があり、5枚くらい書類に署名をもとめられる。

そして

やっと出てきました。クリニカルパスです。

なぜか、退院日が記載されていない。ずーっと入院になっている??

通常この手術の入院期間は日帰りを除けば3~5日である。思わず、「退院はいつになりますか」と問いかけると「何も問題がなければ、手術の翌日から退院できますよ(3日入院)。2~3日入院される方が多いですが、それは医師と相談してください」

とのこと。

手術の翌日は土曜である。通常、病院経営上、土曜日の退院は好ましくない。また、あまり入院期間が長くなることも好ましくない。病院によっては、土日は医師の診察がないので、とか、検査結果が出ないのでなどと理由をつけて、土曜日には退院しないように仕向けるところもあるが、病状に問題がなければ、ある程度は患者の選択に任せているようだ。

スタッフもなんとなくおおらかでよい。

入院予定時刻(13:00)に間に合うようあわてて病院にやってきたのに、入院説明だけで、本日の予定は終了である。

それでも大切な「俺の空」

看護師は、プライバシーを気にしてか、ベッド周りのカーテンを閉めて立ち去ってしまった。

しかし、これはいけない。なんという閉塞感。

あわてて、カーテンを開ける。やはり空が必要なのだ。

いつも頭上ある空、逃げも隠れもしない(隠れることはよくあるか)空、普段はあまり意識もしない空、空(くう)とも読む空であるが、やはり必要なんですね、空が。

透析クリニックの大きな窓

田端駅前クリニックでは、待合ホールには大きな窓があって、窓際に長いテーブルを設置している。

西向きであり、夕刻は茜色の空が見える。患者さんは、そのテーブルで透析前の食事をされたり、しばし外を眺めて過ごしていらっしゃるようである。

sora2

*写真は田端の空ではありませんが・・

今度、JR新橋駅の近くに新しくオープンする透析クリニックでも、待合ホールは大きな窓と開放感のある眺めを大切にしたデザインとした。

よかった、その空の大切さに気付かされた入院初日であった。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です