田端駅前クリニックスタッフのブログ

仙人の病院選びの巻

仙人も寄る年波には勝てず(年寄りだから仙人だから当たり前か・・ン?いやまてよ・・年寄は仙人の必要条件であろうか?・・おっと仙人論はまた次の機会にしよう)、昨年末には入院する羽目に。

がんなどの悪性疾患とは違って、標準的な手術をすれば完治する良性疾患であり、2泊3日の短期入院である。

これはその時の記録である。

エクセレントなカナダの専門病院

まずは医療機関を探すところから

実は、その治療では世界的に有名な専門病院がカナダにある。またその病院は「*選択と集中」を実現し成功している事例として経営学の領域でも世界的に有名で、アメリカのハーバード大学の経営大学院の発行するハーバードビジネスレビューでもレポートされている。

その病院のホームページへ

えっ  これが病院ですか? まるで、貴族の屋敷のよう

at_a_glance_img

日本でもメディカルツーリズムばやりで、官民一体で旅行を兼ねた海外の患者の獲得に力を入れ始めている。

カナダへ一飛び・・ときたいところであるが・・・

our_patient_care_img1

さすがに雲トーンを駆使し、偏西風にのってもカナダまでは簡単には飛べない。そもそも冬の太平洋は寒そうだし

良性疾患なので、待たされる、いったんかかりつけ医を受診して紹介状をもらうなどと面倒くさい大病院は避け、カナダの病院とまではいかなくても、その領域に特化して力を入れていそうな、中小の専門病院と思われる医療機関を探すことにする。

「安(日本は医療保険で大きな差はないと思うが)・近・うま」狙いである。

病院にかかるのも大変

日本の医療政策では、大病院はがんや心疾患、脳卒中などの重篤な患者を治療するところとされており、通常、患者はいったんかかりつけ医を受診して、大病院を受診する必要性の有無の判断をしてもらうことが推奨されている。

もちろん、紹介状がなくても受診し、治療を受けることは可能だが、特別の費用(実は、かかりつけ医を受診してもやはり同等の費用がかかる)が必要になり、また、長時間待たされることになる。これにはうんざりである。

  • ここでチョット諸外国の医療制度に脱線するが

医療資源は限られているのでやむをえない。みんなが大病院に集中すれば、重篤な患者の治療も困難になる。合理的な制度ではある。

イギリスはノンビリ

イギリスのように極端なケースでは、医療費は100%税で賄われ病院は国営である。大病院の受診には家庭医の受診が必須で、しかも、大病院で手術を受けようとしても、病院はのんびりしているので1年くらい待たされる場合もある。そうな・・

経済的に余裕のある人は、海外(インドや東南アジア)で治療を受ける、優秀な医師が海外に流出するなどという問題も起きているようである。

アメリカは医療費が高く、そう簡単に病院に行けない。

中国は人口が多く、とても安易に病院にかかれそうにない。ハルピンでさえ人口4千万人で東京都の4倍である。

最適化された・・地獄の沙汰も金次第?

シンガポールやタイは、これらの先進国の状況を学びつつ制度を整備しているようで、一般庶民は比較的低額で最低限の医療が受けられる。入院する病室は大部屋になるが、日本の小さな民間病院の6人部屋に比べるとずっとゆったりしていて明るく快適そうである。一方富裕層は、民間の医療保険などを活用し、負担に見合ったグレードを選択できる。

タイのある病院などはアラブの王族、世界の富裕層を積極的にう治療し、そこで得た利益を医療スタッフの教育に活用し、国の医療レベルのUPに貢献しようとしているようである。

シンガポールでは、東京でいえば銀座の真ん中にあたる高級ブランドがはいるファッションビルに、多くの専門クリニックが入居し、高額な賃料を負担しながらも患者獲得にしのぎを削っている。画像診断専門のクリニックもある。

Clinic front

民間病院の著名な医師は、どこかの王族から大枚を受領したのに、自ら執刀しなかったということで訴えられれていた。

一般庶民が受ける公的医療と、富裕層を対象にした市場原理にもとづくサービスが適度にミックスされているようだ。

すべてを満たすことはできないので何を優先して、何をあきらめるか・・ということになる。

エイヤの病院選び

飲食店の評価も行ってみなければわからないが、医療機関の「うま」は外部からはなかなかわからない。客観的な情報は症例数・実績、スタッフ数などである。こういう情報がオープンになっていることも大切だ。また、厚生労働省のホームページでも症例数などは公表されている。

あとは、施設の状況、ホームページなどから伝わってくる印象、口コミなどに頼らざるを得ない。実際に患者になってみると医療機関の選択もなかなか大変である。

ということで、とりあえず、お江戸はバリバリの下町にあるA病院にたどり着く。仙人のカンピュータである。

images 

長くなりそうなので、A病院でのことは次回以降にゆずるとして

 大切な患者さんへの情報提供

透析患者さんもネットを活用し、自ら医療機関を選択するようになってきた。患者になってみると病院選びも大変で、適切な情報が少ないことがよく分かる。当院も透析患者さんの立場になって、必要とされる情報を、わかりやすく提供していかなければならない。

*選択と集中

企業経営、経営戦略に関して用いられる。特定のことに絞って(他のことは捨てて)、人・モノ・金といった経営資源を集中し、専門特化させ、そこでは他の企業の追随を許さないようにすること。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です