田端駅前クリニックスタッフのブログ

嬉しいお年賀

本年も宜しくお願い致します。

さて、皆さんは今年のお正月をどのようにお過ごしになりましたでしょうか。

私は日常と何ら変わらない日々を送っていたのですが、

そんな中に、ちょっぴり嬉しい出来事がありましたので、ショートストーリーを1つ。

 

お年賀

2年前に引っ越しをして、それ以来ごくごく身近な人にしか転居先を知らせていないため、

 ※別にやましいことがあるわけではありません。ただの無精です。

届く年賀状も限られており、

なんの期待もせずに日常と変わらず郵便受けを見た1月2日の事でした。

「おや?」

年始早々、マンションの管理会社の名前で「謹賀新年」の赤いハンコが押してある封筒が1通入っていたのです。

 ※営業担当だった時代は、自分の名刺に「謹賀新年」のハンコを押しまくり、
 得意先への挨拶回りで、ひたすら配りまっくたものです(懐かしぃ〜)。

 

はてさて「なんでしょう?」と思いながら、

その封筒を外側から指先の感触だけで探り探り、エレベータに乗り込み部屋へ向かったのです。

名刺サイズの硬い「何か」が入っているのは分かるのですが、

「あぶらとり紙かなぁ〜。それとも付箋?」

「緊急連絡先が記された磁石だったら、いらないなぁ・・・」

なんて勝手な妄想をしながら、部屋に入り早速 “ショキッ” とハサミで封筒を開けて中を見てみると。。。

丁寧なご挨拶状と共に入っていたもの。

それは、Sバックスのプリペイドカードでした。

 ※そう、あのサードプレイスで有名な。当ブログでも常連の。あのカフェの!だったのです

 

スターバックスカード 

 

感じ方は人それぞれ

「おぉ〜!なんてシャレたお年賀だこと

私は瞬間にそう感じたのです。

そして、こんなことも考えました。。。

「管理会社さんは、色々と頭を悩ませ考えたことでしょう」と。

私の住んでいるマンションは、目の前にSバックスがあるので、

それも「お年賀を何にするか」を考える時の選択肢の1つになったのかもしれません。

または「自分では買わないけれど、もらったら使ってみたい」と思う方がきっといるはず!そう考えたのかもしれません。

いずれにしても、私はこの「お年賀」に感動したのです。

 

しかし、Sバックスの事は知っていても、これ(カード)が何なのか分からない方、

そもそもコーヒーショップに行かれない方にとっては、

「なんじゃこりゃ???」って事にもなってしまうはず。

また、私みたいに単純に「素敵」と感じる単細胞もいれば、

「むむっ!チャージ金額はいったいどのくらい入っているのだろう。」と打算的な思いを巡らせる人もきっといらしたのではないでしょうか。

 ※実際のところ、まだ使っていないので、そもそもチャージされているのかどうかも不明。

 

でも、よくよく考えてみると、

「そもそも」気の利いたお年賀をくれる管理会社なんて世の中にどれ程あるのでしょうか。

 ※マンション(集合住宅)にお住まいの皆さま
 マンションの管理会社さんは、気の利いたお年賀を下さいましたでしょうか?

 

お飾りTBT

 

大切なのは、沢山のハート♥と少しのサプライズ

 

しかし、思うのです。贈り物はあくまでも送り手の気持ちだと。

せっかく送るのだから「心に残る贈り物をしたい」と一生懸命に考えて、

「うん、これが良い!きっと喜んで頂ける」

そう信じて送ったものであれば、きっと相手にその「心」が伝わると思うのです。

実は先日、当クリニックのコンシェ(事務部門スタッフ)が、患者さん全員にあるサプライズをお届けしたのです(詳しくは秘密♥で)。

最初は本当に喜んで頂けるかどうか、皆ずっと悩んでいたのです。

しかし実際の患者さんからの反響は、大成功!!

多くの患者さんが、とても喜んで下さったのです。

 

年末もお正月も関係なく受ける透析治療。

そんな365日が漫然とそて日常と化してしまいがちな中で、思いがけずお渡ししたサプライズは、きっと最高のホスピタリティになる。

そう信じて。。。

この先も患者さんが喜んで下さる笑顔を頂けるように、一生懸命頑張っていこう!

 

そんな思いが頭によぎった、年始のある日の嬉しい出来事でした。

 今年も1年、皆さんに素敵な日々が訪れますように。

 

雪だるま

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です