田端駅前クリニックスタッフのブログ

組織のハーモニーを高めるコツとは?

引き続き、たまらんうまいは、焼きナスは!

またまたナスの話で恐縮だが、私は大のナス好きである。

漬物、焼き物、油との相性も抜群だし、和風にもイタリアンにもあう。

料理は、様々な素材のハーモニーだ。どんなに高級な素材も組み合わせがまずければ台無しである。

焼きナスには、ポン酢(願わくはすだちがよい)におろししょうが、そして削り節だ。ゆらゆらとゆれている削り節をなすを覆うようにしてはしでつまみ口に入れる。ほのかに甘い茄子の肉汁としょうがの刺激が口のなかで混ざり合う。ああ、至福の時!

yakinasu02_36

日本酒をちびりちびりやっても、ビールをぐびぐびとやっても、これがまたよく合うのである。

料理は素材同士の関係、調味料、調理方法等で絶妙なハーモニーが生まれる。

よくよく考えると、組織においても「この考え方は当てはまるのでは?」と思う。

「いや、いや何言ってるの料理と組織は全くの別物だろ!」とツッコミ覚悟で話を進めたい。トク・トク・トク・・

atukan

働きアリの2割が実はサボっているという事実!!

組織論では、仕事のできない人(しない人?)をどう処遇するかが問題になる。2対8、2対6対2の法則などと言われ、2割はポジティブだが、同じように2割がネガティブ、残りの6割は中間層でいずれかに引っ張られる。勢い仕事をしない2割の人は排除したくなる。

蟻の社会も同じだそうで、働きアリの中にも2割は働かない怠け者がいるそうだ。そして、その怠け者を取り除いてもまたあらたな2割の怠け者が発生するといわれている。排除を続けていったら誰もいなくなったという顛末になってしまう。

著者によると、しんどくなったら怠けられるということがコロニーの安定に必要なのだそうだ。

蟻たちに

あいつらはけしからんとか、働いてばかりでああ~しんどとか、わてらばっかりやってられまへんな~

といった感情や意識があるとは思えないので、自然の摂理とはなかなか奥深い。

hatarakiari

組織のハーモニー

では、2割は怠け者のままでどうしようもないのか?

ある中小企業の社長さんは、中小企業に優秀な人材が来ないとなげいてもしょうがない、とおっしゃっている。

そして障害のある人を積極的に採用する。みんなが一生懸命面倒をみてチームワークが良くなるからだといっている。人を分類するのではなく、どのようなチーム・組み合わせの時にパフォーマンスが上がるのか、それを見極めよといっている。

高級食材はそれだけで十分おいしいものだが、高級食材を組み合わせてもおいしい料理になるとはかぎらない。焼きナスに高級食材はないが・・至福の料理である。

そして、焼きナスのてっぺんには一つまみのおろしショウガが自慢げな顔をしてのっかっているではないか

どのような組み合わせにすれば、みんなが輝けるのか、そして良い成果をだせるのか?

当透析クリニックは、小さな組織でありネガティブな2割は存在しないことを願うが、チームワークは重要である。

そういえば、一般的には若い人はナスが嫌いという人が多いようであるが、新人ながら「なすび」が大の好物(好きなもののベスト3に入るらしい。。。)という変わったスタッフがいる。

※ちなみにこの新人、なすに次いで好きなモノの2位がホタルイカ、3位が。。。ホットドック(笑)

hotdog

このスタッフはどこか奥が深く・・時々鋭い輝きを発するのである。仙人力ではとても太刀打ちできない。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です